2017-09

Latest Entries

2013初走り&小江戸・佐原(その2)

1月5日(晴れ)

この日もいいお天気になりました。
朝方は0℃近くまで冷え込んだようです。
DSC06669.jpg
『道の駅 水の郷 さわら』は2010年に開設された、とてもきれいな施設でした。

案内板によると、
DSC06670.jpg

『道の駅 川の駅 水の郷 さわら』となっています。
実は川にも「道の駅」に相当する「川の駅」というのがあって、ここは
利根川に面していることから、両方が一体となった施設のようです。

表側に大きな駐車場がありましたが、我が家は建物の裏側の駐車場に停めた
ので、通りの往来の音も聞こえず、快適でした。
DSC06672.jpg
霞ヶ浦からつづく、利根川に面しているので、雄大な景色が広がっています。

まずは付近を散歩。
DSC06675.jpg

この日も快晴。風もおさまり、日差しが暖かく感じられます。
DSC06677_1.jpg

車へ戻り、コーヒーをいれ、目の前の景色をみながら朝食。なかなかいい感じ。
が、のんびり食事をしていたら、周りがざわざわとにぎやかに。
どうやらこの裏手の駐車場は、野菜や惣菜などを道の駅で販売する業者が
主に利用するようで、車や人の出入りが多くなってきました。

あっという間に道の駅の売店が開く9:00。さっそく店内を物色しようと
入ってみると。。。
DSC06689_1.jpg

なんだなんだ? 皆さん、行列を作って並んでる。こういうときは、
とりあえず並びましょう(笑)
『お餅がなくなり次第、終了させて頂きます』 おー、どうやら正月
ということで、つきたてのお餅を無料で配っているようです。

DSC06692.jpg
ふたりでならんで、きなこ餅と辛味餅を1パックずついただきました。
ここで正月気分が味わえるとは、うれしいサプライズです。

DSC06695.jpg

びよーん。ウマイなー。もう1回並んじゃおうかというくらい美味しかった!
ご馳走様でした。

いつものように、地物野菜をたっぷり買い込んで出発。
佐原の中心部へはここから1kmくらいです。

DSC06708.jpg
テレビの旅番組で何度かみたことのある佐原の町に到着。
まずは案内板で歴史を勉強。
佐原は「武蔵国の川越」「下野国の栃木」とともに紹介される下総国の
小江戸の街。実際に歩いてみると、江戸時代の風情が残るのは、中心部、
川沿いの通りとその周辺だけですが、なかなか楽しそう。

DSC06700_1.jpg
佐原といえばもうひとつ、日本全国を歩いて調査し、初めて日本地図を作った、
伊能忠敬が暮らしていたということで、こういった石像や旧家、記念館などが
あります。残念ながら旧家は東日本大震災の被害を受け、修復中でした。

街中には「伊能忠敬を大河ドラマに!」という幟旗があちこちにありました。
DSC06780.jpg
この旗、なんだかかっこいいですね。

ここは伊能忠敬記念館の前。
DSC06762.jpg
とってもおとなしそうなゴールデンレトリバーが1匹、おそらく
飼い主さんが記念館を見物中のため、外に繋がれて待っていました。
大型犬がイマイチ苦手なレモンは、少し離れたところから様子を
見ていると。。。
DSC06763.jpg
「なんか用?」「あ、ぅ、ただの通りすがりの犬でございます。。。」

街中にはこんな雰囲気の店が並んでいます。
DSC06739.jpg

街の中を流れる小さな川、小野川沿いにも古い建物が並んでました。
DSC06760.jpg

小野川にかかる小さな橋の中に、こんな縁起のいい名前の橋が!
せっかくなので、ご利益があるようにと、開運祈願の記念撮影。
DSC06723_1.jpg

小野川は、女性船頭さんの「サッパ船」で船上観光ができます。
街の中央の忠敬橋の下でちょうど「サッパ船」と遭遇。小さな橋の手前で
器用に船を転回させてくぐり抜けていました。
DSC06750.jpg

もうひとつの名物の橋が「樋橋」。橋の中央から水が流れ落ちていて、
通称「ジャージャー橋」というそうな。もともと、江戸時代に農業用水を
送り続けた大樋の名残ということで、今は観光用に30分毎に 5分間だけ、
このように水が流れます。
DSC06756.jpg


ひととおり街を散策した後は昼食。事前に調べておいた、真っ黒の蕎麦
「黒切りそば」が食べられる小堀屋本店へ。
DSC06767.jpg
ふと見ると、店先に先ほど伊能忠敬記念館でお利口に待っていたゴールデンと
ご家族が先に並んでいました。どもども。

蕎麦に利尻昆布が練りこんであるのでこんな色をしているのです。
DSC06769.jpg
味は、とてもあっさりしてます。去年のGWに、越後湯沢で食べたへぎそば
味に似ていました(へぎそばはつなぎに布海苔を使ってるので似てるかも)。

大盛にすればよかったなーという量で、つるっと食べてしまいました。
で、ちょっと物足りないので、この小堀屋本店のとなりにある
「茶房さかした」のおだんごの旗が気になって覗いてみることに。
DSC06776.jpg
どうやら、こしひかりを使った焼き立ての団子が食べられるようです。
DSC06777.jpg

ということで、食後にもかかわらず、買ってしまった~。
みたらしだんごと草あんだんごを1本ずつ。店内の囲炉裏を囲んで、お茶と
いっしょにいただきました。もちもちで美味しかったです。
DSC06778.jpg

この向かい側には、しょうゆジェラートのお店とか、
DSC06773_1.jpg

「昔ながらのたい焼き」を売っているお店には、手書きの「ドライブスルー」
の文字!どうやらおばちゃんが店の前に出てきて売ってくれるので車から
降りずに買えるようです。なるほどねー
DSC06775.jpg

そうそう、川沿いの通りにはこんなベンチもありました。
DSC06731.jpg
ベンチの両側を2匹のわんこ像がいっしょうけんめい支えていました。

最後に、忠孝橋のすぐ横にある創業240年の『植田屋荒物店』さんへ。
荒物屋というと、いまでいう生活雑貨屋? 鍋やざる、おわんなどなど、
見るからにしっかり作ってあるものがいっぱい。
「ワンちゃんもだっこしていただければどうぞ~」ということで店内へ。
DSC06744.jpg
店の奥は蔵を改造した店舗になっており、蔵の中を見学しながら
買い物ができます。

レモンママが以前から「いい竹ざるが欲しい」と言って探していましたが、
ホームセンターなどによくあるのは作りが悪く、かといって上野や浅草界隈の
お店で売っているものはえらく高くて買えません。
ところが、こちらで売っているのは本当によくできていて、かつ、とても
リーズナブルでした。なんでも、全国から常連さんが買いにくるそうな。
DSC06746.jpg
ということで、竹かご2つとこのほうきをお買い上げ。

そうこうしているうちに3時を過ぎ、東関東自動車道から湾岸線で
帰宅の徒へ。途中、首都高からきれいな夕焼けが見られました。
DSC_0287.jpg

東関道に乗ってすぐ、睡魔に襲われ酒々井PAでお昼寝タイムをはさんだり
しましたが、首都高もがらがらで正味1時間半で無事帰宅。

ということで、今年最初の旅は小江戸・佐原の街散策でした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lemonpa.blog.fc2.com/tb.php/55-5d1f91fd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

lemonpa

Author:lemonpa
小さなキャンピングカーで、主に車中泊旅行を楽しんでます。

愛犬:レモン(ビーグル、♀、2005.8.2~)
愛妻:レモンママ(人、♀、19??.10.17~)
愛車:レモン号(8ナンバーハイエース、♂、2011.10.5~)

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

 

最新記事一覧

今年の夏はフェスキャンプ@斑尾 Sep 08, 2017
梅雨明けの白山・岐阜の高原へ Sep 02, 2017
梅雨の合間に白馬。。。は雨だった Aug 26, 2017
レモン、12歳になりました。 Aug 06, 2017
石川県の公園探訪 Jul 30, 2017

 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR