2012-05

Latest Entries

久しぶりにドッグランへ

5月27日(日) 快晴

GW明けから、仕事が忙しくなって休日出勤したり、
気温の変動についていけずに風邪をひいて寝込んでしまったり。。。
いちばんいい季節に、まったく遊びに行けてません。

ようやく風邪も治り、久しぶりの休み。さて、なにしよーかというすばらしい
タイミングで、茶々家からランへのお誘い、しかも我が家の近くのランへ
来てくれるということで、決定!

DSC04323_1.jpg

久しぶりの「プレイフルドッグ」です。
我が家からは道がすいていれば30-40分ですが、午前中用事をすませてから
到着すると、すでに茶々家、そしてラム家も来てました。

DSC04355_1.jpg

茶々、寧々、おはよー。

DSC04332_1.jpg

モナ姉さん、おはよ~。この日一番元気でしたね~
気温上昇とはいえ、もう水遊びですかー

DSC04337_1.jpg

きなこちゃん。そんなに広くないランですが、相変わらず
どっぴゅーんと走り回ってました。

先週、北関東のランでGW合宿の反省会?があったのですが、
風邪でダウンしていた我が家は参加できず。
そのため、那須の合宿で作ったガラス細工を届けにきてくれたのです。

DSC04344.jpg

見やすいように、黒い灰皿の上に置いてみました。わかりますかね? 
レモンの前足の足型です。いい記念になりました。

ここプレイフルドッグさんのカレーライスはとっても美味しいのです。
最近はカレーがない日も多いのですが、この日は「あと4食分ありますよー」
ということで、すかさずオーダー。
DSC04346.jpg

昼食をはさんで、ランでのんびりすごしました。
この日、気温は26℃、風がとてもからっとしていて気持ちよく、
新緑と、眼下にみえる津久井湖もきれいでした。

そして、なんといってもモナ姉さん。ただひとり、小さなプールから
離れることなく、水と戯れて(戦って?)いました。

DSC04325_1.jpg
DSC04327_1.jpg

とても12歳とは思えません。

一方、レモンは。。。
DSC04357.jpg

相変わらず、まったり。
寧々も。。。

DSC04336.jpg

動きません(笑) 君たち、ここドッグランなんだけど?

レモンと寧々を上からみてみると、、、幅が?!
茶々ママさんから撮らないでー、と言われたけど、つい(笑)

DSC04354_1.jpg

時々、新しいわんこが入ってきたときにご挨拶というか、
うー、という程度で、この日レモンはまったく走りませんでした。。。

DSC04351.jpg

最後に記念撮影。

DSC04359_1.jpg
 
このメンバー、写真に慣れているので簡単に撮れます。

さて、ランのあと、我が家が時々行く、相模原市との境にある、「町田あいす工房ラッテ」に移動。

DSC04363.jpg

幹線道路沿いでもなく、はっきりいってわかりにくいところにあるお店ですが、
近頃はすっかり有名になりました。この日はお店の駐車場待ちの車で渋滞が!
ちょっと暑くなると食べたくなる人がすぐ増えるんですねぇ (←私もですが)

15分くらい待って、どうにか入れました。

DSC04369.jpg

常時、15種類くらいのジェラート、アイスがあります。
カップかコーンを選び、ダブル、トリプルもOK。
この日、女性人はみんなトリプルを頼み、かなりの量に戸惑ってました(笑)

DSC04368_1.jpg
みんな必死!

DSC04376_1.jpg
モナ姉さんは、きなちゃんの背中を使ってアピール。

DSC04372_1.jpg
レモンはこの表情。。。よくないのはわかってますが、ちょっとだけ、ね。

DSC04374_1.jpg
最後まで、カップから離れませんでした。。。

3月に開通した圏央道 高尾山ICはここからすぐ近くです。
その途中まで誘導し、みなさんとお別れ。
ラム家、茶々家のみなさん、ありがとうございました。

気持ちのいいお天気に、ランとジェラートを満喫した日曜日でした。
スポンサーサイト

那須~会津~新潟旅行:新潟編その3

5月3日(水) 曇り、時々晴れ、のち雨

いよいよこの旅行も最終日です。
この日の朝のニュースでは、関東地方の天気は大荒れ。
新潟は夜中に雨が降っていたようですが、昼間は大丈夫でした。
きっと、「長い国境の関越トンネルを抜けると、そこは大雨だった。。。?!」

DSC04227.jpg
宿の部屋から見た、南魚沼市~八海山方面です。
山には雪が残っていますが、米の名産地、魚沼は田植えが始まっていました。

DSC04228.jpg
朝食も和洋折衷のバイキング形式。
お米も美味しいけど、パンも美味しかった。


さて、宿をチェックアウトし、急いで塩沢の町へ下ります。
なぜかというと、2日前に新潟の海岸で分かれ、上越の友人宅を訪問していた
みゅう家が、一緒に帰ろうと近くまで来てくれました!

DSC04237.jpg
みゅう、おはよー、二日ぶりー。美味しいものいっぱい食べてきたかな?

待ち合わせは、魚沼産コシヒカリの直売所「こめ蔵」
写真撮るの忘れましたが、JAの事務所の一角がお店になっていました。

地元塩沢産のコシヒカリを実家と自宅用に、
そしてホームベーカリーでのパン作りにはまってるレモンママはパン焼き用にコシヒカリの米粉500g×2袋お買い上げ。
DSC04311.jpg

その後、となり町、越後湯沢に移動し、車を停めてしばし街中を散歩。

DSC04235_1.jpg
この時点で、ごらんのように目の前の山に雲がかかり、雨がぽつぽつ。。。
でもすぐに止んでくれました。

DSC04241_1.jpg
かの小説「雪国」の舞台になった町として、文学碑やら、記念館などが点在しています。
後ろの地図に書いてあった散策路をたどって歩くことに。

DSC04243.jpg
公園、そしてその奥に滝もあるらしいということで、
そこまで歩いて行ってみることに。

DSC04254_1.jpg
途中、積雪の上を歩かなければならず、しかもここ数日の天気で雪の下が解け初めていて怖いし、足元ぐしゃぐしゃ。
私、不覚にも途中でコケてGパンびしょ濡れ(涙)
なぜか、みゅう家との散歩やハイキングは思いがけずハードな状況になることが多い(笑)

DSC04252.jpg
無事到着。滝は後ろのほうに写ってますが。。。小さかった。

DSC04253.jpg
帰り道。雲は相変わらず低いけど、青空も。

DSC04261.jpg
湯沢高原スキー場のゲレンデに到着。
誰もいないので、みゅうとレモンを走らせようかと寄ってみたものの、
まったく走りませんでした。。。さすがにお疲れ?

さーて、たっぷり散歩したので、わんこたちには車でお昼寝してもらい、
飼い主たちはまっ昼間から温泉へ!
DSC04233.jpg
さすがに駐車場はがらがら。

DSC04266.jpg
こちら、「越後湯沢温泉 駒子の湯」

「雪国」のヒロイン駒子さんから名前をとったそうな。
内湯1つだけのこじんまりとした共同浴場、無色透明なアルカリ単純泉。
少々長湯したせいか、妙に温まりました。
温まりすぎて、この後、3人ともしばし横になって休憩。。。

すでに13時半、昼食どうしようか、ということで、魚沼地方が発祥という、
「へぎそば」を食べようとお店を検索。越後湯沢駅前にある「中野屋」さんへ。

DSC04267_1.jpg

うーん、並んでます。ちょっと躊躇しましたが、実はお店の中はすごく広くて、
10分程度で入れました。

DSC04268.jpg

へぎそば以外にもメニューはいろいろありましたが、ここは迷わず「大へぎそば 3人前!」
へぎそばとは、つなぎに布海苔(ふのり)を使った蕎麦を、ヘギといわれる器に盛り付けた蕎麦のこと。

DSC04272.jpg
これが「へぎ」なんですねー。

そして、新潟=雪国=舞茸、というわけでもないけど、
私がきのこの中で一番好きな舞茸の天ぷらもあったので、これもつけちゃおう。
DSC04273.jpg

揚げたてさっくさくの舞茸、うまかったな~
へぎそばは、つるつる、もちもちで、海苔の香りが確かにします。
いわゆる蕎麦っぽさはあまりない、さっぱりした感じでした。

そば好きな私、今回の旅行で3回食べましたが、お気に入りとしては、
大内宿の高遠そば > 国上で食べたさくら風味そば > へぎそば、かな。


のんびり食べて15時。名残惜しい越後湯沢を後に、関越道に乗り、帰路へ。
思ったとおり、関越トンネルを抜けると雨が降り出しましたが、関東に近づくにつれて雨も弱くなり、埼玉あたりでやんだ。まったく渋滞なく、18時に無事帰宅。


総走行距離 1,200km。なんと、平均燃費 9.1km/lでした。
山道も結構走りましたが、なにしろ渋滞がまったくなかったからか、これまでの新記録。ハイエースでこれだけ走ってくれれば大満足!

ということで、前半は気心しれた仲間と楽しみ、後半は新潟を堪能しました。
でも新潟は広い。また行こっと。
ご一緒したみなさま、ありがとうございました。

那須~会津~新潟旅行:新潟編その2

5月2日(火) 晴れ

太平洋側は大荒れの天気だったようですが、新潟はこの日も青空でした。
「道の駅 国上」で起床。
DSC04119_1.jpg

道の駅の施設があるメインの駐車場ではない、隣の駐車場に停めたので、車はまばら。静かな朝です。

DSC04121.jpg
空がきれい。

この道の駅の周りは自然公園になっているので、まずは散歩、と思ったら、なんとわんこ禁止の看板が。
ということで、とっとと撤収して、車で15分ほどの寺泊漁港へ移動。

DSC04123.jpg
まだ早いのでお店はほとんど空いていません。
駐車場から海岸に出られるので、しばしお散歩。

DSC04126.jpg
後ろに見えるのは、本日この後行く予定の弥彦山。

DSC04129.jpg
ここの砂浜はガラス質の石が混じっているのか、とてもきらきらしていてきれいでした。

8時を過ぎ、お腹もすいたし、お店も空いたのでお散歩は終了!
朝食を求めて「寺泊アメヤ横丁」さんへ。
DSC04142.jpg

事前調査によると、串焼きが有名ということで、いってみたら、あるある。なんでもある!
DSC04139.jpg
本当に、なんでも串焼き屋。
イカ、たこ、ホタテはもちろんのこと、赤魚、さば、穴子などもまるごと1匹、串に刺さって売ってます!

DSC04141.jpg
迷ったすえに、つぶ貝、カニつくね、えびつくね、そして1杯100円のかに汁をお買い上げ。
DSC04146.jpg
店先のベンチでおいしくいただきました。

カニもたくさんありましたが、北海道産を買ってもしょうがないし。
とみると、地元産のゆでたて紅ズワイガニが1杯300円!
DSC04147.jpg
もちろん、ふつうのズワイガニより、ふたまわりくらい小さいですが、
味噌汁の具にするにはもったいない大きさ。試食すると甘い!
無類のカニ好きの私は即決。結局3杯+足の折れたカニを1杯おまけにもらって500円なりっ。
持ち帰るにはまだ時間があるので、ほかの海産物とともに実家へ発送。
(最終日、帰宅途中に実家により、しっかり食べましたよー)

駐車場にはこんな張り紙が。
DSC04148.jpg
佐渡島だけでなく、こちらにも渡ってきて繁殖しているんですね。

朝食がやや少なめ(?)だったので、もうひとつ、気になった「おこわだんご」を車内でもぐもぐ。
DSC04151.jpg
だんごというより、栗の入ったまんじゅうなんですが、やさしい味でおいしかった。

さて、腹ごしらえも完了したので、少し歩きに行こう。
途中、「太古の湯」の無料の足湯に寄ったりしながら、目指すは弥彦山と弥彦神社。
DSC04196_1.jpg
新潟県内で一番初詣客の多い「弥彦神社」。近年はパワースポットとしても有名だそうな。
さすがにわんこは入れないようなので、まずは弥彦山方面へ続く杉並木を歩くことに。

DSC04165.jpg
きれいに整備されてきて、木漏れ日が気持ちいい。
ちなみにこの日も気温はぐんぐん上昇し26℃くらいでした。
DSC04164.jpg
山にくるとご機嫌なレモン。
DSC04172.jpg
「森林浴の森」日本100選に選ばれているそうで、どうりで気持ちいいわけだ。
さらに、万葉集に歌われている植物のうち、弥彦山に自生している60種を、
万葉集の和歌とともに楽しめる看板が整備された「万葉の道」。
ここなら夏場でも涼しそう。

山頂まで歩くとかなり時間がかかることがわかり、途中まで登って、地元名物?「新潟産コシヒカリソフト」を食べて下山。
DSC04174.jpg
すごい顔してるなぁ。。。

そして弥彦神社へ参拝。参道の横から、レモンを抱っこしたまま歩いてお参り。
DSC04180.jpg
今年シニアになるレモン、いつまでも健康でありますように。

神社の前の参道を歩くと「耳ふ」なるものを発見。レモンママはすかさず購入。
DSC04187.jpg
これ、車麩の端っこ、きれっぱしを集めたもので、おばちゃんいわく「めったに売らないのよー、1本の車麩から2個しかとれないんだからねー」とのこと。そりゃそーだ。バウムクーヘンの切れ端と同じだね。

帰宅後に、煮物や味噌汁などに入れて食べましたが、味がしっかりしみこむ上に、最後までふにゃふにゃにならず、しっかり食感が残り、とっても美味しかったです。

つづいて、「たしかこのあたりはところてんも有名だったよねー」と話していたら、ありました。
暑いし、ところてん大好き(好きなものが多くていい街だなー笑)なので、さっそくいただくことに。
DSC04193.jpg

そして、噂に聞いていたとおり、割り箸が1本しか出てきません。
1本で、ところてんをひっかけるようにして食べるんだそうです。
DSC04190.jpg
レモンママ曰く、箸1本ですくいやすいように盛りつけてあり、崩さずに真ん中へんを箸にかけるとうまく食べられるそうな。
少し固めの、私好みのところてん。暑い日だったので、美味しくいただきました。

さてさて、弥彦観光の後はどこへいこうか。
地図をみると、川向こうは燕市、そのとなりの三条市もすぐ近く。燕三条といえば、金属加工、洋食器、最近ではアウトドアグッズなどのメーカーが集積している工業地帯として有名ですね。
昨晩、スマホで検索してみつけた燕三条ファクトリーアウトレット「ストックバスターズ」というお店に行ってみることにしました。

住所が「新潟県燕市物流センター2丁目」。ほんとに工場団地のど真ん中にありました。
DSC04202.jpg

お店の中の写真は撮れませんが、食器、台所用品からアウトドアグッズまで、とにかく安いアウトレットショップ。
1時間半近く、店内をくまなく見て回り、結構買い込みました。

DSC04293.jpg

購入したもの
布団式シュラフ  2点寝袋ではありません。夏はこれだけで、冬は寝袋の上に。
ウォータージャグ 1個2.5リットル かなりしっかりしてます
バウマーク形のお皿 2枚プラ製の色違いを。車内で軽く食べ時に便利そう
26cmフライパン 1組ガラスのふた付。レモンママ曰く、「信じられない値段」
ワイングラスセット 2組よく割ってしまうので、色違い3個セットを2組
大きな竹ざる 1組ステンレスのトレー(受け皿)がセットになっていて便利
その他小物はさみ、トング、などな

帰宅後にネットで同じシュラフやジャグの最安値を調べてみたら、このお店の方が2-3割安かった!
いい買い物ができました。

さてさて、そろそろ次の宿泊地、石打へ向かわねばなりません。
三条燕ICから (新幹線は「燕三条駅」なのに、ICは「三条燕」なんですね)北陸道に。

途中、お腹が空いた(ちゃんと昼食を食べていなかった。。。)ので、乗ってすぐの栄PAに寄り、おばちゃんがその場で握ってくれるおにぎりとコロッケを。
DSC04206.jpg
米が美味しいからか、おばちゃんの腕がいいのか、妙に美味しかった。

長岡JCから関越道に入り、塩沢石打ICでおりて、15分ほど。
Mtグランビュースキー場内にある、「ヒルサイド イン センタークラブ」に到着。
DSC04210.jpg

この日は今回の最後の宿泊ですが、まだまだ長期の車中泊旅に慣れていない我が家、出発前に「最後は宿に泊まろうかー」ということで予約した宿です。

宿の反対側がゲレンデに直結、まだ3mくらいの雪の壁が残っていました。
DSC04224.jpg

塩沢石打~湯沢、今から20年以上?前、スキーブームの頃、私も仲間と
よく来ました。石打丸山、上越国際、神立、岩原、かぐら・みつまた・田代。。。
ガーラ湯沢が出来たのは、もうスキーに行かなくなってからだったかな。

そんなわけで、実はスキーでしか来たことがなかった場所です。

DSC04215.jpg
地元で採れた山菜の天ぷらから、新潟産イシモチの塩焼き、タイ風グリーンカレーにカツレツと、和洋折衷、たくさんの料理をいただきました。

今回初めて飲んだ「八海山地ビール」も美味しかった!
八海山とういば日本酒が有名ですが、最近地ビールをはじめたそうな。とてもすっきりしています。水がいいからなのかな?

宿のオーナーさんが気さくな方で、食事をしながら、新潟のいろいろな散策ポイント、トレッキング情報などを教えていただきました。
また来なくちゃね。

つづく

«  | ホーム |  »

プロフィール

lemonpa

Author:lemonpa
小さなキャンピングカーで、主に車中泊旅行を楽しんでます。

愛犬:レモン(ビーグル、♀、2005.8.2~)
愛妻:レモンママ(人、♀、19??.10.13~)
愛車:レモン号(8ナンバーハイエース、♂、2011.10.5~)

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

 

最新記事一覧

秋の高山プチ散歩 Nov 08, 2017
キャンプ第3弾は、能登千里浜へ Oct 16, 2017
福井で初キャンプ Sep 25, 2017
今年の夏はフェスキャンプ@斑尾 Sep 08, 2017
梅雨明けの白山・岐阜の高原へ Sep 02, 2017

 

カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR